海外移住・留学

世界トップレベルの起業家を輩出する世界の大学トップ5(社会人のためのハーバード大学留学体験)

世界トップレベルの起業家を輩出する世界の大学トップ5

世界有数の大学には、優秀な学者ばかりではなく優秀な起業家も誕生します。

こちらは、世界トップレベルの起業家を輩出する世界の大学トップ5

起業家が多い大学トップ5

  • スタンフォード大学(アメリカ)
  • ハーバード大学(アメリカ)
  • カリフォルニア大学(アメリカ)
  • インド工科大学(インド)
  • マサチューセッツ工科大学(アメリカ)

 

では、実際に、2021年版のフォーブス世界長者番付の
億万長者ランキング者の学歴
を見てみましょう。

順位名前学歴(最終学歴)取得学位
1位ジェフ・ベゾスプリンストン大学電気工学と計算機科学
2位イーロン・マスクペンシルベニア大学経済学と物理学
3位ベルナール・アルノーエコール・ポリテクニーク
4位ビル・ゲイツハーバード大学(中退)応用数学
5位マーク・ザッカーバーグハーバード大学(中退)計算機科学
6位ウォーレン・バフェットコロンビア大学ビジネススクール
7位ラリー・エリソンシカゴ大学(中退)
8位ラリー・ペイジスタンフォード大学計算機科学
9位セルゲイ・ブリンスタンフォード大学計算機科学
10位ムケシュ・アンバニスタンフォード大学(中退)ビジネススクール

アメリカのスタートアップ企業ランキング

私の感想

上記データを見ると、やはり、アメリカのスタンフォード大学、ハーバード大学出身者が多いことが分かります。あと、計算機科学を専攻している起業家も多いです。

計算機科学とは?

計算機科学とは、コンピュータ科学のことで、情報と計算の理論的基礎、及びそのコンピュータ上への実装と応用に関する研究分野

 

ハーバード大学(Harvard University)について

ハーバード大学

イギリス植民地時代の1636年に設置されたアメリカ最古の大学。各種の大学ランキングでは常に最上位に位置する名門校で、政財界から学術分野まで幅広い分野で指導的な人材を輩出。2017年に億万長者(資産10億ドル)となった卒業生の数188人も、全米の大学で最多。(Harvard University)

誰もが聞いたことがあるハーバード大学ですが、実際のハーバード大学への
入学方法、授業内容、雰囲気など知らない人も多いのではないでしょうか?

今回、私の知り合いでもあるハーバード大学留学経験者伊藤さんに協力いただき、
ハーバード大学について教えてもらいました!伊藤さん、よろしくお願いします。

 

世界最高峰のハーバード大学留学体験記

Q1: なぜ、ハーバード大学に留学したのですか?

大学を卒業して年数が経った社会人にとってチャレンジしやすい仕組み
整っていたことが最大の理由です。

もちろん、アメリカのトップレベルの大学を体験したいという気持ちもありました。

 

Q2: 入学までの手続きは、自分でしたのですか?

自分でしました。

 

Q3: ハーバード大学の1年間の学費は、どのくらいでしょうか?

社会人にフレンドリーな仕組みをフル活用しました。

つまり、科目ごとに授業料を払うことができる仕組みです。
仕事が多忙な時期は、休止することも可能です。

1科目、当時(2015年)のレートで20万円を少し超える程度でした。

1科目とは、週1で3ヶ月が標準で、私は、2科目ずつ取りました。
ネイティブの学生でも、同時に3科目受講は厳しいと聞いています。
(宿題が多くて、こなすことができないそうです。)

 

Q4: 入学試験は、どんな感じですか?

まず、3科目を受講し、すべてをB以上の成績を上げることが必要です。

この中の1科目”Reserch Method"という科目でB、もしくは、B+以上取ることが
必須で、これが事実上の入学試験の一部になっていたかと思います。

この段階をクリアしてから、一般的によくあるように
課題のエッセーなどを書いて出願しました。

そもそも、科目受講の必須条件として、TOEFL100スコア以上が必要ですが、
その後も入学のために、2、3度ハーバード作成の英語試験がありました。

 

Q5: ハーバード在学時代の1日の時間は、どんな感じでしょうか?

1日中勉強していました。さもないと、毎週課される宿題が終わりません。

私は、ハーバード大学の大学院生しか知りませんが、皆、時間の管理が上手でした。
逆に、上手でないと、これだけの勉強量を社会人をしながらこなすことが出来ません。

 

Q6: ハーバード大学の授業は、どんな感じですか?

きちんとシラバス(授業計画)が出来ていました。授業に出るためには、シラバスに
書いてある本の決まったページを読んでいかないと、多くの授業はついていくのが難しいです。(普通みんな読んで来ています。)

正規授業の他に、TA(Tearching Assistant)が、実習と言うかたちで授業をすることもありました。

ちなみに、1科目取ると、1週間に最低100ページのテキストを読まなければいけません。
これに宿題で課せられるペーパーのために調べ物をし、関連文献を読む必要があったのでそれこそ時間はいくらあっても足りません。

 

Q7: ハーバード大学を卒業したメリットは何でしたか?

具体的に言うのは、難しいですが、アメリカでは、ハーバード卒と言うだけで、
どんな人からも超尊敬の眼差しを向けられました。

また、ハーバード大学の学生は、学生証を出すと、
付近のスーパーマーケットで割引もしてもらえました。

 

Q8: やはり、ハーバード大学には、世界中の優秀な人が集まっていましたか?

優秀とは何を持って優秀というのか分かりませんが、
「勉強するのに情熱を持っている人たち」と言えます。

それに比べると、日本の大学は、ぬるま湯だったと思います。

 

Q9: ハーバード大学に行ったことで、どう変わりましたか?

自分に心底、自身が持てるようになりました。(笑)

あれだけの難関をクリアしてきたのだから、
これを乗り越えられないわけがないという自信。

人がどう言おうと、これが正しいと信じる信念が強化されました。

 

Q10: 海外の大学に進学する人のアドバイスを教えてください。

これも一般論で難しいのですが、行く国、大学、分野によって様々だと思います。

でも留学して、きちんと目的を達成することが出来たら、
今後の人生において、へこたれなくなるでしょう。

なぜなら、大変な難関を乗り越えることが出来たからです。

そういう意味では、是非、大勢の方に留学して欲しいと願っています!

 

伊藤美笛さんに関して

伊藤さんと知り合って15年位が経ちますが、伊藤さんがすごいのは、独学で英語をマスターしたことです。語学学習に情熱を持ち、子供が手を離れたのを契機に、50代でハーバード大学に留学を決意。初め、留学するという話を聞いた際に、留学に年齢は関係ないということに衝撃を受けました。好きな事をやり続ける大事さ、夢を描き続ける大事さを教えられました。インタビューへのご協力、ありがとうございました!

起業家育成に力を入れている海外の大学

アメリカの大学以外で起業家育成に力を入れている海外大学です。
シンガポール国立大学(NUS)
シンガポール経営大学 (SMU)
清華大学(中国)
マンハイム大学MCEI(ドイツ)

 

出願願書添削サービス

アジアの最大級オンラインエッセイ編集サービス。
志望動機書・パーソナルステートメント・入学出願添削等アイビーリーグレベルでの編集サービスを提供。少し困ったら、こちらのサービスを使ってみるのも面白そうです。

こちらもCHECK

留学
データで見る日本人留学生の動向と人気留学先ベスト7、起業のための語学学習(2022年度検証)

続きを見る

こちらもCHECK

USA startup
なぜ、アメリカには起業家が多いのか?世界のベンチャーキャピタル事情

続きを見る

-海外移住・留学