海外ビジネスアイデア

【グローバルマインド】グローバル的な視点を海外ビジネスに用いよう。(給料倍増計画)

グローバルな視点を持てば、世界も変わる!

ちょっと世界に目を向ければ、新しい視野が開けてくる。

国を跨げば、チャンスも増える。

今回は、そんなビジネスチャンスのお話です。

国境が陸続きで接しておらず、単一民族である日本では、なかなかグローバル的な発想が生まれません。海外ビジネスに使える外国人のマインドを学んでみましょう。

 

スイスで給料倍増計画

私の友人のフランス人が使っている手法です。
(また、スイス・ジュネーブで働く人がよく利用しています。)

国境を跨いだテクニック

給料が高いスイス(ジュネーブ)で働き、家賃が安いフランスに住む。

スイスは、世界的に非常に物価が高い国の一つです。

スイス連邦
人口:865万5000人
一人あたり名目GDP : 87,367USドル


フランス共和国
人口:6532万人
一人あたり名目GDP : 40,299USドル

同じヨーロッパの国でお隣同士と言えど、1人あたりの名目GDPが倍近くも違います。

少し国境を越えるだけで、

スイスとフランスとの違い

  • 平均給料 スイス:5,725 €、フランス:2,157€
          ※1€=130円(2022年1月時点)
  • 家賃 スイス:約24万円、フランス:約10万円
        (参考:アパート、2部屋(48m2)
      ※家賃は、スイス・ジュネーブと、フランスは、その周辺都市
  • ビックマック価格 スイス:7.54USドル、フランス:4.52USドル
       ビックマック指数より

と、こんなに大きな違いがあります。

しかし、地理的には陸続き、フランスの国境付近の街から
スイスのジュネーブの街に行くまで車でたったの30分程度。

そんな国の格差を利用して、給料が高いスイスで働き、物価の安い隣国(フランス)に
住むという手法を使えば、家賃、食費は安く、かなりお得なのです!(まるで魔法)

 

ポイント

物価、GDPが高い国で働き、生活費が安い国に住む。

少し応用すれば、日本でネットビジネス、家賃収入などの収入を得つつ、物価が安い東南アジアに住むということもできますね。


他にも、GDPが高い国で、同じような手法が使えそうな国は、こちら。

出典・参照:IMF(International Monetary Fund)

2020年、日本の世界の1人当たり名目GDPは、世界24位まで低下しています。
(1980年代には、アメリカと一人あたりGDPと同じ程に迫った時期もありました。)

 

他にもこんなチャンスがある。

今回の話は、何も地理的な要素だければなく、
国家間の違いは、様々ことで応用できます。

国境を越えたビジネスチャンス

  • 時差を利用したビジネスチャンス
    (アメリカ人が寝ている時に、インド人が仕事する。)
  • 北半球と南半球の季節の違いを利用したビジネスチャンス
    (オーストラリア人が、冬場に日本のスキー場に来る。(現地は、夏)
    (日本で季節外れになった夏服を、南半球の国に売る。)
  • 物価の違う国に物を売る(あるいは、仕事する)
    (富裕層が多い国に、高く物を売る。)
  • 食文化や宗教、風習の違いを利用したビジネス
    (日本で取れたナマコを珍重されている中国の富裕層に高く売る。)
  • 法律、税制が違う国を利用したビジネス
    (法人税が安いタックスヘイブンなどに会社を作る。)
  • テクノロジーやサービス普及度の違いを利用したビジネス
    (まだ普及していない国に商品やサービスを売り込む)

さらに詳しく

国際結婚や移民政策が進んでいる欧米では、両親のもともとの国籍が違うのも当たり前。2つの国に親戚がいたり、2ヶ国語を話せるという環境。また、2重国籍を持っている人もいて、旅先によって、パスポートを使い分ける人までいます。そうした環境が、自然とグローバルな思考を育みます。

このように、少し海外に目を向ければ、国ごとに違う事情があります。

そして、そこに大きなビジネスチャンスが眠っています。

是非、グローバルマインドを身に着けてみましょう!

 

-海外ビジネスアイデア