海外ビジネスに役立つツール

【翻訳ツール】使えるおすすめ無料翻訳ツールはどれ?(比較編)

使える無料翻訳ツールはどれ?

色々な無料の翻訳ツールはあるけれど、一体どれが一番使えるのか?

今回、現役の翻訳プログラムを作っている会社の人に、
最も使える無料の翻訳ツールはどれか聞いてみました。

 

最も使える無料翻訳ツール

答えは、DeepL翻訳

 

DeepL翻訳とは?

2017年8月28日にサービスを開始した無償のニューラル機械翻訳サービス。
ドイツのケルンに本拠地を置く DeepL GmbHが開発。Google 翻訳よりも精度が高く、微妙なニュアンスのある翻訳ができると肯定的な報道を受けている。
現在、24言語と 552言語ペアの翻訳を提供中。(Wikpedia参照)

無料翻訳ツールの中では、2022年1月現在、最も使えるものだそうです。

 

無料翻訳ツールの限界(弱点)

10年前と比べ、無料の翻訳ツールであっても、非常に使えるようになりました。

ただし、無料翻訳ツールには、弱点があります。

細かいニュアンスや固有名詞などには、対応できない。

無料翻訳ツールを過信するのは、禁物です。

 

それらを補うサービスとして、有料の翻訳ソフトウェアが存在します。

ポイント

AIを使い、固有名詞や会社の嗜好を把握し、翻訳を完璧に近づける。

翻訳ソフト開発の会社の有名所は、

【企業・個人向け】
DeepL翻訳(有料版)
ヤラクゼン(八楽株式会社)

【大企業向け】
COTOHA Translation (NTTコミュニケーションズ)
T-4OO(株式会社ロゼッタ)
みらい翻訳(株式会社みらい翻訳)

 

昔と比べて、無料翻訳ツールがだいぶ使えるようになりました。しかし、やはり、まだまだ不完全です。5年後、10年後は、さらに改良され、海外ビジネスはより手掛けやすくなることでしょう。

語学が得意な外国人を雇ってみよう。

【外国人雇用】外国人雇用のメリット:日本で働きたい外国人をどうやって見つけるか?

続きを見る

-海外ビジネスに役立つツール