海外ビジネスアイデア 海外移住

【海外移住】ヨーロッパ移住の近道(オランダのフリーランスビザ(個人事業主ビザ)

IT企業経営者のヨーロッパ移住(リモートワーク生活)

友人のIT企業経営者が、オランダへ移住しました。

突然のことだったので、ビックリしたのですが、
彼自身は、数年前から考えていたとのことでした。

もともと、アメリカに留学していた友人は、日本に帰国後、起業。
また、いつかは、海外へ行くことを夢見つつ、10年の時が経過しました。

40代になり、今行かないと、もう行けないということで移住を決意。

その移住先が、オランダだったのです。

でも、そもそも、なぜ、オランダなのか?

そこには、びっくりする秘密がありました。

 

オランダのフリーランスビザ(個人事業主ビザ)

 

移住の問題点

海外移住の一番の問題は、ビザの取得です。

ビザを取得できなければ、長期の移住はできません。

アメリカは、近年、ビザの発給が非常に難しく、
ヨーロッパ諸国もビザ発給も、一筋縄では行きません。

ただ、そんな中、オランダだけは違ったのです。

 

ココがポイント

オランダには、フリーランスビザが存在する。

 

フリーランスビザ(個人事業主ビザ)とは?

1912年に取り交わされた「日蘭友好通商協定」(日蘭条約)により、日本人には優遇措置が取られています。そのため、日本人が厳しい条件なしに、オランダで起業して、居住することが許されたビザが、このフリーランスビザです。
また、2020年の改正により、家族の就労が可能になりました。

フリーランスビザ取得の条件

  • 日本国籍であること
  • 犯罪歴や、不法滞在歴がなく、リスクとなる人物ではないこと
  • オランダで住まいを探し、住所を確定し、住民登録をすること
  • オランダで自身の事業の登録(フリーランサー含む)をし、
    最低4,500ユーロ (約59万円)の投資をすること
  • 個人事業主として企業に雇われずに収入を得ること
    (ただし、そこまで厳しい条件ではないようです。)

と、たったこれだけの条件で、ビザの取得が可能なのです。

このフリーランスビザが、ヨーロッパへの移住を志す人には、秀逸で、
日本人であれば、ほぼ100%近くビザをもらうことができるそうです。

さらに詳しく

難点としては、フリーランスビザでは、オランダ以外に住むことができないという事。(ただし、EUへの旅行は自由にできます。)さらに、オランダに5年住み続ければ、EU永住権(long-term resident EC)を申請できるようになります。このEU永住権取得後は、EU圏内、どこでも住むことが可能になります。

 

オランダ移住の魅力(メリット、デメリット)

オランダ

首都:アムステルダム   人口:1740万人   公用語:オランダ語


オランダを選んだ理由は、何も、ビザの問題だけではないと言います。

オランダを選んだ理由

  • ヨーロッパの中でも、多民族国家
  • EU圏では、一番英語が通じる国
  • 教育費がタダで、世界で一番子供が幸せな国

 

ココがおすすめ

EU圏では、一番英語が通じる国

オランダは、意外にも、EU圏の中では、一番、英語が通じる国だとのこと。

世界最大の英語能力指数 ランキング(2021年度版)によると、
世界ランキングは、なんと1位(ちなみに、日本は、78位)

 

ココがおすすめ

教育費がタダで、世界で一番子供が幸せな国

また、ユニセフ(国際連合児童基金)の調べによると、
世界で一番子供が幸せな国として、選ばれています。

総合国名精神の健康体の健康スキル
1位オランダ193
2位デンマーク547
3位ノルウェー1181
4位スイス13312
5位フィンランド1269

(参照:Worlds of Influence Understanding What Shapes Child Well-being in Rich Countries)

特に、子供がいる友人にとっては、この教育環境が決め手だったそうです。

 

一方で、多少の不便な所もあったようです。

デメリット

首都アムステルダムの家賃は、東京以上だとのこと。

そんな訳で、友人は、アムステルダムではなく、
もう少し家賃が安い別の都市に住むことにしたそうです。

 

具体的な手続きの流れ

手続きは、そんなに難しいものではなかったそうです。

簡単な流れ

  • パスポート、3か月以内発行された戸籍謄本(とその法廷翻訳)などの準備
    ※戸籍謄本の翻訳は、入国後、ハーグの日本大使館でも可能(要事前確認)
  • オランダ入国後、移民局と外務省を訪れ書類提出
  • 市役所で住民票登録
  • 商工会議所で事業登録&会社登録証明書取得

ざっくりとこんな感じですが、詳細は、オランダ政府の公式サイトでご確認ください。

 

オランダからリモートワークの可能性

以上のように、ヨーロッパの中でも、オランダへの移住は、非常に簡単です。

ただ、ここで、一つ、疑問が残ります。

疑問

友人は、現役のIT企業経営者(会社所在地:日本、社員数は数十名)
社長がオランダに行ってしまったら、会社は、どうなるのだろうか?

オランダからリモートワークで働き、年、数回は、日本に帰るつもりです。給料は、日本の会社から振り込みます。

 

移住した友人

当然、最初は、社内からの強い反発がありました。ただ、根気強く丁寧に説明することで、投資家や社員に認めてもらいました。外国人社員の中には、「自分も母国に帰り、リモートワークが出来るか」と聞いてきたので、出来ると答えると、すごく喜んでいました。コロナだからこそ出来た荒業だったと思います。通常時であれば、こうは行きません。

 

ポイント

このコロナだからこそ、通常はなかなかできないことができる。

 

入国管理局

公式な情報は、オランダ政府サイトで確認してもらえたらと思います。

フリーランスビザ(個人事業主ビザ)に関して
Immigration and Naturalisation Service (IND)

オランダの魅力、起業環境に関して
オランダ企業誘致局

オランダ暮らしの便利帖(オランダでの生活情報)
在蘭日本商工会議所

-海外ビジネスアイデア, 海外移住