海外ビジネスに役立つツール

【共同作業ツール】ビジネスの立ち上げに役立つ作業ツール:Slack(スラック)

複数でのビジネスの立ち上げに役立つツール、Slack


ビジネスを複数で立ち上げる場合に使えるツール。

共同作業に使えるツール

それは、Slack

Slack(スラック)とは?

Slack(スラック)は、スチュワート・バターフィールドによって開発されたチームコミュニケーションツール。Slackがあればメールを使わずにすみ、スピーディーかつ安全にやり取りし、会話を整理できます。

ビジネスの立ち上げメンバーや社員が同じ場所に居たりする場合や、
2人だけでビジネスを進めていく場合は、必要ないかもしれません。

ただ、昨今のコロナで、リモートワークが増えたり、
立ち上げメンバーがそれぞれ別の仕事をしていたり、
海外にいたりすると、コミュニケーションが非常に不便です。

そんな時に役立つのが、このSlackです。

 

Slackの機能

Slackの機能は、以下になります。

Slackの機能

  • チャット機能: リアルタイムでコミュニケーションが取れる
  • ファイル管理: ファイル共有が可能
  • 検索機能: 過去のやり取りも保存・検索でいつでも見れる
  • ビデオ通話機能 :ビデオチャットで会議をより効率化できる

要は、複数のメンバーとビジネスを立ち上げる際に、
それぞれのメンバーといちいち確認しあうことなく、
メンバーと情報やデータ共有できるという代物です。

また、外部のデザイナーやプログラマーなども、
メンバーに加え、作業させたりも出来ます。

Slackには無料で使える「フリープラン」が用意されているので、
最初は、それで十分です。【Slackを使ってみる。
(状況により有料プランに後から変更してみましょう。)

 

複数でビジネスを立ち上げる時の注意点

複数の仲間と一緒にビジネスを立ち上げる場合、
多くのメリットがある一方、致命的な欠点があります。

問題点

友人同士でのビジネス立ち上げは、成功しにくい。

数人の友人と盛り上がり、ビジネスを立ち上げることになりました。

ただし、そのビジネスが完成に至るのは、難しい事が多いです。

特に、大きなプロジェクトほど、未完成のまま終わってしまうことが多いです。

失敗の理由は、

ココがダメ

複数メンバーの場合、意思統一が難しく、(人数の多さに比例)
それぞれの思惑で動き、誰もが起業家気質ではないからです。

起業家とは、自分の理想を実現したくそこに情熱を傾ける人だと思います。

ただ、一般的には、起業家気質の人は少なく、いくら儲かるか?
が重要なファクターになっている人が紛れています。

ですので、最初は、面白そうだ、儲かりそうだと勢いでビジネスを始めたのだけれど、
なかなか思うようにビジネスが軌道に乗らず、すぐにお金にならないと分かれば、
熱意を失い、離脱してしまう人が増えて、最終的には、消滅してしまうのです。

成功させるポイントとしては、

ココがポイント

熱が冷めないうちに、迅速にビジネスを立ち上げる!

とにかく立ち上げ、少しでも利益がで始めると、
人とは不思議なもので一生懸命になります。

ただ、最初から完璧さを求め、細部にこだわり、
お金と時間を掛けてしまうのは、あまりオススメしません。

細かい調整は、後からいくらでもできるので、後日、すれば良いのです。

私の体験談

4名の外国人と私の計5人でビジネスプロジェクトを立ち上げました。
メンバーの多くは最初から細かいところにこだわり、ドメインも40万円で買い取ったり、デザインも考え抜き、立ち上げ当初、細かい点に時間とお金を掛けすぎました。結局、時間がかかりすぎ形にならず、メンバーは徐々にやる気を失い、離脱していきました。

 

ポイント

ビジネスの立ち上げは、如何に迅速に熱量を注ぎ込めるかにかかっています。
(鉄は熱いうちに打て!冷めたら、終わりです。)

 

-海外ビジネスに役立つツール