起業・経営日記

【起業家40人へのアンケート】起業資金はいくら必要?実は、少ない起業資金!

仕事を辞めて旅立ちの時を決める。(海外起業:独立編)

前回のあらすじ

ついに、サイトを手に入れて、海外へと乗り出す私でした。初めは、半信半疑、実験的なつもりで始めたのですが、毎月、外国人からの問い合わせがあり、売上げも少しずつではありましたが、伸びてきていました。もっと大きくしていくためには、100%エネルギーを注ぎ込まないといけない。ということで、会社を辞め、独立することにしました。

 

会社を辞め、起業した時の状況

起業した時の私の状況は、こんな感じでした。

起業時の状況

  • 資金は、たったの100万円のみ。
  • 一応、月3~5万円程度の売上げが立つサイトを保有。
    (外国人向け)
  • 友人の外国人は、まだ大学生だったので、
    卒業までは、無給で手伝ってくれる。

まさに、勢いだけで、起業した感じで、今から考えると怖いです。(笑)

でも、なんとかやりくりすれば、1年は、持つだろうと考え、
もし1年経っても駄目なら、諦めようと考えていました。
(まさに背水の陣です。)

ポイント

逆に、この背水の陣が良かったと思います。十分な資金的な余裕があって起業した人を知っていますが、余裕があるので、必死さがなく、結局、ずるずる数年やって、消えていった人を数名知っています。

 

【起業家40人へのアンケート】起業するのに、お金はいくら必要か?

よくあるビジネス本や銀行員、コンサルタントは、起業前に、お金を準備し、
ビジネスプランをしっかり作り、数年先の売上げを考えておかないといけないと言います。

 

疑問

果たして、本当に必要なのか?起業家にとって、何が一番大事なのだろうか?

起業資金やビジネスプラン、人脈、経験、学歴が大事なのだろうか?

私の考えでは、否!

本当に必要なのは、"情熱”だと考えています。
(あくまで、私の起業家論ですが。)

情熱があれば、苦しい時でも前に向かって進み続けることができます。
どんな状況でも耐えることができます。

なぜなら、目指すべき目標があるからです!

 

疑問

起業資金は、どのくらい必要なのだろうか?

 

私が、海外起業家にインタビューしたものをまとめてみて、びっくりしました。

なぜなら、皆さん、起業時の資金が想像以上に少なかったからです。

 

(起業時の資金:海外起業家’s EGGのインタビュー40名のデータ分析)

 

海外起業家(北米編) 海外起業家インタビュー

海外起業家インタビュー(北米・カナダ編)久保克己さん

久保克己さんへのインタビュー 1973年、日本大学生産工学部土木工学科卒業。(株)建設技術研究所に入社。1991年退職後、カナダ・バンクーバーに渡る。 1992年、Suimon Engineering Canada Ltd を設立。バンクーバーとニューファンドランド州(カナダ東部)にバイオグリーンの設計・制作・設置・維持管理のための合弁会社を設立。 現在、日本と北米を結ぶ環境・建設技術情報の交換、双方のエンジニアリング会社のマッチング、広範囲に亘る国際交流の支援等の業務を実施。企友会(バンクーバー日系ビジ ...

ReadMore

海外起業家(欧州編) 海外起業家インタビュー

海外起業家インタビュー(ロシア編)木下順介さん

木下順介さんへのインタビュー 香川県高松市生まれ。国際武道大学卒業。専門は少林寺拳法。ロシアでも国立ロシア映画大学に学ぶ。20才から役者として芸能活動を初め数々の映画やテレビで活躍。30才から始めた占いが大ブレーク。クライアントは世界各国に居る。現在も企業のコンサルタント、スポーツ選手、芸能人、アーテイストのメンタルケアに手腕を発揮している。2007年に短編映画「マスカケ線」の脚本監督を手がけ特にロシアで高い評価を受ける。2010年からモスクワ在住。 サイト: Junsuke Kinoshita    F ...

ReadMore

海外起業家(欧州編) 海外起業家インタビュー

海外起業家インタビュー(ドイツ編)是沢正明さん

是沢正明さんへのインタビュー 日本で電子工学を学んだ後、外国語に興味を持っていたため、学生時代にリュックサックを背負ってナホトカ経由で訪れたハイデルベルク大学に入学。 このハイデルベルク時代は水泳部にスカウトされほとんど彼らと行動をともにしていました。その後東京でドイツ語関係の会社に勤め、1981年から1990年の 東西ドイツ統一まで旧東ドイツで東洋エンジニアリングのプラント建設現場で嘱託主任通訳を務める。1991年に現在の会社を設立。   Q1: 現在、どんなビジネスをされていますか? 調査及 ...

ReadMore

海外起業家(アフリカ編) 海外起業家インタビュー

海外起業家インタビュー(アフリカ・ザンビア編)小田精彰さん

小田 精彰(Tadaaki Oda)さんへのインタビュー 1970年5月8日、稼業である石油を10歳から手伝い、大学を卒業した後に石油の卸会社で、現場仕事を学ぶ。学生時から20代で多くの国家資格などを取得して、27歳で京都へ戻る。 バブル崩壊から相当な商売環境が悪くなり、2003年に株式会社小田石油の代表取締役に就き、その後車両販売事業やレンタル事業などを手掛ける。ガソリンスタンド業者が手掛ける車両事業として、 国内事業と国外事業に分けて経営革新計画を京都府に申請し、京都府知事に認められた。それにより計画 ...

ReadMore

鬼島一彦

海外起業家(欧州編) 海外起業家インタビュー

【追跡インタビュー】ロシアでラーメンビジネスに挑戦する鬼島一彦さん

鬼島一彦さんへのインタビュー (ロシア起業から10年後の今) 2012年、ロシアで起業したばかりの鬼島さんにインタビューをしました。 2012年起業時の鬼島一彦さんインタビュー あれから、10年。 10年前にロシアで起業した鬼島さんが今、 どうなっているのか追跡インタビューをしてみました。   鬼島さんの簡単な紹介 鬼島さん、お久しぶりです! まずは、昨年、PERSOL Work-Style AWARDの グローバルチャレンジ部門受賞、おめでとうございます。 起業してから10年経ちますが、確か、 ...

ReadMore

大体の人が、100万円~300万円の起業資金で起業しています。
(私だけが無謀ではなかったのですね。(笑)

しかも、皆さん、10年以上ビジネスを続けていらっしゃる方がほとんどです。

ココがポイント

以上のように、起業資金がなければ、起業できないというのは嘘です。

 

起業家になるためには?

私が、よく人に持ち出す例です。

起業家ではなく、画家になるためには?ということで少し考えてみましょう。

有名になりたい、画家に憧れているから画家になりたい。
でも、キャンバスに向かった時に、何の絵を書けばいいか分からない。

これって、画家と言えるでしょうか?

画家とは、何かを表現したいものがあり、絵が好きだから書き続けた。

その結果、画家と呼ばれるようになる。

起業家も同じだと思います。

 

上手くいく人、うまく行かない人。

でも、画家(起業家)の中にも、成功する人、うまく行かない人がいるのも事実です。

例えば、世界的に有名なゴッホとピカソ。

二人共、生涯をかけて絵に情熱を燃やしたほぼ同年代の画家ですが、
一人は、絵が売れず、存命中は全く評価されず、
もう一人は、存命中から絵が高値で売れ、時代の寵児となりました。

フィンセント・ファン・ゴッホ
(1853年3月30日 - 1890年7月29日)

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。

1853年3月30日、オランダのズンデルトという小さな町生まれ。多くの同年代の画家が売れていく中、ゴッホの絵は評価されず、生前中に売れたのはたった1枚の絵だけでした。

パブロ・ピカソ
(1881年10月25日 - 1973年4月8日)

ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる巨匠。

1881年10月25日スペインのマラガに生まれ。幼い時より絵の才能に長け、亡くなる91歳までの生涯におよそ14万以上の作品を世に送り出し、その功績から多くのメディアで「最も多作な芸術家」と評価される。

 

疑問

成功の分かれ道、2人の違いは何だったのか?

ゴッホは、ひたすら絵が好きで書き続けたのですが、
経営的なセンスがありませんでした。

 

一方のピカソは、画家であり、また、経営者でもあったのです。

 

どういう事かと言えば、こういう逸話があります。

ピカソのマル秘テクニック

まだ、ピカソが駆け出しの頃。

有名画商に自分の売り込むために、何人かの友達を使い、有名画商の所に行ってもらい、「ピカソの絵はありますか?」と尋ねさせたそうです。

ピカソのことを知らない有名画商は、一体、ピカソという画家は何者か?今、売れている新人画家なのか?と不思議がっているところに、いよいよピカソが登場し、「私の絵を扱ってもらいたいんですけど。」と売り込むわけです。

ちょっと詐欺っぽいですよね?(笑)
でも、今でも十分使えるビジネステクニックではないでしょうか?

 

さらに詳しく

世界的に有名な日本人現代アート画家の村上隆さんも同様のセンスの持ち主です。村上さんがまだ売れない頃、お金がなくても外国人に自分の作品のコンセプトをきちんと伝えるために、一流の翻訳家に高いお金を払い、翻訳を依頼していたと言います。(成功する人は、PR力が強い。

ココがポイント

起業家になるのは、誰でも出来ます。ただ、成功するかどうかは、また別の要素が必要ですが、いずれにしても情熱がなければ何も始まりません。

 

どうPRしていくかは、こちらの記事

【集客方法】外国人を集客する最も良い方法は?(Google広告、SNS、雑誌、口コミ)

続きを見る

次の航海日誌は、こちら

起業当初は、とにかく生き残ることに集中!(海外ビジネス:独立編)

続きを見る

-起業・経営日記