起業・経営日記

起業当初は、とにかく生き残ることに集中!(海外ビジネス:独立編)

航海に乗り出す。(海外ビジネス:独立編)

前回のあらすじ

独立したのは良いものの、生活するのは程遠い収支。猶予は、1年。
とにかく生き残ることを目指して、何でもお金になることを試みるのでした。夢は、幻と成り果てるか。。新大陸を見つけることができるだろうか?不安はありつつも、この時は、希望に溢れていました。

とにかく、まずは生活費を稼ぐこと。そして、節約生活。

勢いのまま、起業したのは良いけれど、外国人向けのビジネスは、まだまだ大きなものではなく、生活費を稼ぐまでには至らない。

 

注意ポイント

ビジネスを育てるためには、時間がかかる。

 

いくら自分一人が頑張ったとしても、自分でコントロール出来ないものがあります。

それは、時間

例えば、お客さんに知ってもらい、問い合わせに至るまでの時間。
思う通り働いてくれないスタッフや社員を待つ時間。
デザイナーやプログラマーに依頼した仕事にかかる制作日数。
サイトを公開したら、Googleに認知されるのにも時間がかかります。

ビジネスが、成功するまでは、時間との勝負です。

ココがポイント

まずは、ビジネスが軌道に乗るまでは、とにかく節約、そして貪欲さ

節約すること

  • 家賃や事務所費
  • 食費、交通費、交際費
  • 人件費

起業したからと行って、まだ、利益が出ていないうちは、
風が吹けば吹き飛ぶような経営です。

だから、できるだけ長く生き残り、そのためには、
命綱となる資金を如何に長く持たせるかにかかっています。

ここだけの話

起業当初は、できるだけ、節約するために、引きこもり状態でした。(起業当初は、個人事業主でしたので、自宅での仕事でした。)外出を控え、打ち合わせも、まとめて同じ日に行うようにしていました。当然、友人との会食は、拒否でした。

さらに詳しく

同時期に起業した私の友人は、レンタルオフィスで細々と1人で起業生活をしていましたが、ある時、なけなしの数百万円を宣伝費に使って勝負に出ました。それが、当たって、一気に大きくなりました。日々の生活は、細々と。ただ、ビジネスの勝負どころでは、勝負する必要もあります。

 

次に、重要なのは、資金を稼ぐこと。

メインとして育てるビジネスに力を注ぐ一方。
いきなり、売り上げが大きく伸びることはありません。

起業当初、1日1、2件の問い合わせがあれば良い方でした。

ですので、お客さんからのメールに返信すれば、やることが特にない。
だから、メインのビジネス以外に、お金になりそうな事を行いました。

起業当初手掛けたビジネス

  • 海外のアニメ好き外国人に日本のフィギュアやゲームをE-bayで売る。
    (その逆で、E-bayで仕入れたものをヤフオクで日本人に売る。)
  • 知り合いからの依頼でHP作成
  • コンサルタント業務
  • 勉強会主催
  • 中国人の友達と組んで、新規ビジネスを試す。
  • その他、全く関係ないことでも手掛けました。

起業当初は、時間もあり、必死だったので、
1ヶ月に1つは起業アイデアを試していました。

ココがポイント

この時、役に立ったのは、HP作成技術。

 

サイトを5万円程度で作成することができれば、
簡単に自分のビジネスアイデアを試すことができます。
(50万円の資金があれば、アイデアを10試すことができます。)

逆に、自分で作ることが出来なければ、業者に依頼して
高い費用がかかる上、時間も掛かります。

外国人向けのサイト作り:5万円以下でのHP作成

外国人向けのサイト作り:5万円以下でのHP作成(海外ビジネス準備編)

続きを見る

そして、思わぬ転機がやって来た。

なんとか節約し、試行錯誤し、日々の生活費を稼ぐ起業生活をしている中、
転機 (天機)が思ってもいないところから訪れたのです。

それは、起業して、7ヶ月後のことでした。

 

次の航海日誌(経営日記)を読む

ビジネスチャンスは、意外な所に潜んでいる。(ブルーオーシャン戦略)

続きを見る

すぐに始められる海外ビジネス

【海外ビジネス】すぐに始められる外国人とビジネスをする方法(E-bay、Airbnb)

続きを見る

-起業・経営日記